痛みの種類には

①侵害性受容体性疼痛 ②神経障害性疼痛 ③混合性疼痛があります。

①は侵害刺激が、炎症により活性化された痛みの物質が刺激して起こる疼痛で、外傷、変形性関節症、肩関節周囲炎などの、筋、筋膜、腱などの痛みをいいます。

②は神経の損傷やそれに伴う機能異常によって起こり、さまざまな知覚異常を伴う疼痛をいい、帯状疱疹後神経痛、三叉神経痛、坐骨神経痛、糖尿病神経障害に伴う神経痛、脳卒中後疼痛などをいいます。

③は両方の要素をあわせ持った痛みで、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、いわゆる腰痛や首の痛みなどです。

いずれの疼痛も非ステロイド性消炎鎮痛剤にて治療することが多いのですが、それぞれ特徴のある痛みに細かく対応することによって、効果的かつ副作用の少ない治療が期待できるようになりました。慢性の痛みでお悩みの方は一度ご相談下さい。

————————————————————————–

三輪堂医院
脳神経外科・内科・外科・リハビリテーション

〒841-0051 佐賀県鳥栖市元町1086
Tel. 0942-83-2281